スタッフのおしゃべりブログ

あさか台動物病院スタッフのおしゃべりブログです

ブラッシングのすすめ

今回はお手入れの中でも大切なブラッシングのお話です。

ブラッシングは毛玉を取る役割はもちろん、血行を良くしてくれます。

毛玉を取らないと大きくなり皮膚を引っ張り続けるために、そこから皮膚炎を起こしてしまうこともあります。そうならないためにもブラッシングは大切なのです。

ブラッシングの時に気をつけて頂きたいのが力の加減です。力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまうことがあるので力は入れず優しく手首でブラシを動かす気持ちで行いましょう。

また、毛玉があった場合は無理に引っ張るのではなく片方の手で毛玉の根元をを持ちブラシで取ってあげます。大きな毛玉は手でほぐすと取れやすくなります。

ブラッシングの苦手な子は無理矢理行わず、数分やってご褒美また数分やってご褒美を繰り返しましょう。そうすることによりブラシの後には良いことがあると覚え、好きになってくれるでしょう。

ブラッシングを行うことによりわんちゃんとのコミュニケーションにもなりますので皆さまも是非やってみてください。