スタッフのおしゃべりブログ

あさか台動物病院スタッフのおしゃべりブログです

基本に返ってもう一度!

f:id:tsuruse_ah:20170713162443j:plain

今回の院内セミナーは大学の先生をお招きして尿検査と糞便検査を行いました。

尿検査で何が分かるの?というと、泌尿器疾患はもちろん腎不全や糖尿病などの代謝性疾患を発見することが出来ます。
いつもちゃんとおしっこ出来てるのに違うところでしてしまうなど、いたずらに思われがちですが、もしかしたら下部尿路疾患の可能性があるかもしれないので、いつもと違うと感じたら教えてくださいね。
 
糞便検査は、消化管内寄生虫の検出や、下痢の原因を検出したりします。下痢の原因には消化吸収不良、細菌性、原虫性などもあります。便を持ってきてくれればすぐに検査が出来るので、下痢や、いつもより柔らかいな、などと感じたらその便を捨てずに持ってきてくださいね。
うんちやおしっこは毎日見られるものなので、ちょっとした変化も見逃さないようにしましょう。
 
尿検査や糞便検査は毎日病院ではほぼ行われるもので、本当に基本的な検査です。
何で今頃そんなことを?とお思いになられるかもしれませんが、手技がバラバラではしっかりした結果が出せません。
初心に返ってもう一度スタッフみ〜んな仲良くみっちりお勉強完了です!!
基本をしっかり身につける!これ何事にも大切なことですよね。